サイトからのお知らせ

2013.05.29

[釜山ニュース]ブランド品ショッピング、遠くまで行かなくとも釜山で

釜山広域市機張郡の東釜山産業団地に国内最大規模のプレミアム・アウトレットが建設される。プレミアム・アウトレットのオープンにより東釜山観光団地全体の競争力が高められ国内外の投資者の釜山投資が活気づくこととなる。

釜山都市公社(社長 이종철(イ ジョンチョル))と ロッテショッピング(代表 신헌(シン ホン))は、3月14日釜山鎭区釜田洞の釜山都市公社で東釜山観光団地内の商業施設敷地 9万9千251㎡の売買契約を締結した。釜山都市公社は敷地を 1千195億Wでロッテショッピングに売却した。売買契約金は敷地価格の10%である119億5千万Wであり、ロッテショッピングは契約締結後、7日以内に払わなければならない。

ロッテショッピングは事業準備期間をもうけ、来年 7月頃にアウトレット造成工事に着手する計画である。アウトトレットは地下 1階、地上 2階で延べ面積12万2千㎡ 規模で 2015年完成予定である。ロッテショッピングは年間 約700万名がアウトレットを訪れる見込みとしている。

釜山広域市と釜山都市公社はロッテプレミアムアウトレットが東釜山観光団地に建設されたら観光団地全体の集客力が更に高められ釜山の経済力、雇用創出に大きく寄与すると期待している。特に東釜山観光団地にテーマパークを始めとした各層の施設が本格的にオープンすればば年間 1千万名以上の来場者が訪れると期待している。また、現在、民間事業者選定など協議が進行中であるアクアリウム、ブランドホテル、韓屋村などの投資誘致にもよい影響を与えると期待している。

이종철(イ ジョンチョル)釜山都市公社社長は、ロッテショッピングとの売買契約締結で東釜山観光団地全体の投資誘致に弾みがつくことから、今年下半期までに東釜山観光団地全体面積の80%の投資誘致を確定させる予定であると発表した。

조민제 | 記事入力 2013年 03月 15日 (金曜日) 10:05

SEARCH

  • What's The Project
  • FUKUOKA BUSAN CAFE for BUSINESS