釜山トレンド

2014.10.10/GOURMET

うさぎさんと・・・ café tokiwa

最近の韓国ではcaféが次々とオープンしています。
中でも釜山地区にはcaféの出店が相次いでおり、観光客は訪問するたび、おしゃれなcaféに目を奪われては、思わずそこでゆっくりしたくなるはず。
そんな釜山で比較的老舗のcaféが、広安里(クワンアンリ)にあります。

名前はcafé tokiwa(カフェ・トキワ)

波の穏やかなビーチを眼下にとらえる手前の通り沿い、その中央付近というロケーション抜群な場所に、このカフェ・トキワがあります。

昼下がりであれば穏やかな海と、子供たちの遊ぶ姿を見ながらコーヒーをいただけます。
そして夕方であれば、沈んでいく夕日と広安大橋の風景を眺めながら、スイーツを食べつつ、ほっと一息つけば、とても癒されます。

夏であれば海水浴をしながら、その流れでスイーツを楽しめる場であり、春先や秋などは昼下がりのお日様の下でゆったりと読書をしたり、友達とトークしたりと、本当にまったりとした時を過ごせ、釜山の喧騒を完全に忘れることができる空間です。


さて、このtokiwaですが名前の由来にちょっとしたエピソードがあります。
もともとは、オーナーが釜山にいた可愛らしい日本人の女の子の名前に惚れこんで、店名として使ってよいかと尋ね、OKをもらったことがきっかけなのだとか。tokiwaとは日本人の名字にある「常盤」つまりEver Greenを表す良き言葉なので、名実ともに惚れ込んだことでしょうね。

さて一方でこの店名「tokiwa」を韓国人が耳にすると、こんなハングルが頭に浮かびます。

토끼와・・・

~와 함께(ワ・ハムケ)という言い回しがあります。これは「~と一緒に」という意味で、韓国語でよく使われるフレーズです。そしてその「~」に含まれる 「토끼(トキ)」 は韓国語でウサギのこと。
つまり토끼와(tokiwa:トキワ)とは、韓国語では「うさぎさんと」、という意味の店名なのです。

その証拠に、店舗のキャラクターデザインは、すべてウサギの耳。このデザインのマグカップも販売しています。もし貴方が釜山旅行でいつもと違う雰囲気を味わいたいのであれば、このcaféは、最もお勧めできるお店の1つです。


基本データ 
café tokiwa(カフェ・トキワ)
住所:水営区民楽洞178-8
TEL:(051)758-0658
交通アクセス:地下鉄2号線(209)広安駅5番出口徒歩7分
営業時間:10:30~22:30
定休日:第2・4月曜、旧正月、チュソク
クレジットカード:AMEX ダイナース JCB マスター VISA 
予算感:5,000ウォン程度で楽しめます。 お土産のマグカップも5,000ウォン。

その他のトレンド一覧

記事一覧へ

2016.10.12/

釜山国際観光展2016

2016年9月9日(金)から9月12日(月)まで、韓国釜山市のBEXCO(釜山展示・コンベンションセンター)において、「第19回釜山国際観光展(BITF2016)」が開催されました。 この観光展には世界から43ヵ国、25…

column

2016.02.09/

新しくオープンした「釜山国際旅客ターミナル」

今回は、昨年8月31日より運用開始となりました、釜山国際旅客ターミナルをご紹介します。 最近JR九州高速船ビートル・未来高速コビーをご利用になったことがある方は、お気づきかもしれませんが、釜山では、新たに国際旅客ターミナ…

sightseeing

2015.02.17/

まるでベーカリー?!大人気の揚げかまぼこショップ「サムジンオムク」

釜山を代表する食べ物のひとつにオムクがあります。オムクとは、揚げたかまぼこ、つまり魚のすり身を使った練り物を揚げたもので、韓国ではオデンという呼び名でも古くから屋台などで親しまれ、お財布に優しい価格で、人々のおなかを満た…

gourmet

2015.01.15/

釜山のダイヤモンドブリッジ「広安大橋」

釜山には、韓国内最大の海を横切る2層の橋「広安大橋(クァンアンデギョ)」があります。この橋は、1994年から8年間の工事期間を経て2003年に開通しました。総延長7.42kmで、水営区南川洞と海雲台区センタムシティ―をつ…

sightseeing

2014.10.24/

釜山の新しい都心のオアシス「釜山市民公園」

釜山市の中心地・西面。その西面から徒歩で20分,車ならわずか5分の場所に,約53haにわたって広がる「釜山市民公園」が2014年5月1日にオープンしました。 この公園は,米軍のキャンプ・ハヤリア基地として使われていた場所…

sightseeing

2014.07.02/

釜山のパワースポット「梵魚寺(ポモサ)」

金井山東側の麓にある韓国5大寺院の一つ「梵魚寺(ポモサ)」。678年頃、新羅時代の高僧、義湘大師により建てられた名刹です。“金井山の尾根にある水が金色の井戸で、天から降りてきた金色の魚が遊んだ”との言い伝えから“天の魚(…

sightseeing

2014.05.20/

どちらを食べたい?あったかスイーツ「ホットク」と新登場スイーツ「はちみつソフトクリーム」

釜山のまちを歩くと、数多くの飲食店やカフェ、屋台が目に入ります。その中にはスイーツを扱うところも含まれています。今回は、釜山で食べることができるスイーツ2種をご紹介します。 ひとつ目は、コリアンスイーツの代表選手と言って…

gourmet

2014.02.10/

都心の中にある癒しの空間!冬柏島とAPECヌリマルハウス

「花咲く冬柏島に春が訪れたけど、兄弟が去った釜山港ではカモメだけが悲しそうに鳴いている」。日本語で「釜山港へ帰れ」と歌われるチョ・ヨンピルのオリジナル曲はこんな歌詞で始まります。 釜山の色んな名所を歌詞にしたこの曲に沿っ…

sightseeing

2013.12.11/

47年ぶりに跳ね橋機能が復元された影島大橋

釜山市の南浦洞地域の南側に位置する島、影島(ヨンド)。釜山の有名な観光地のひとつである太宗台がある島といえばお分かりの方も多いと思います。   この影島と釜山本土を結ぶ影島大橋が、47年ぶりに跳ね橋の機能が復元され、11…

sightseeing

2013.10.18/

アートなまちなみの散策を楽しむ「甘川文化村(カムチョンムヌァマウル)」

気候も涼しくなる秋、釜山にお越しの際には「甘川文化村(カムチョンムヌァマウル)」の散策をぜひお楽しみください。 甘川文化村は、朝鮮戦争の際、各地から避難してきた人たちが家を構えてできた山腹の古いまちなみを、保存・再生しよ…

sightseeing

2013.08.14/

両手の自由、バックパックブーム…韓国を直撃!

昨年から韓国で大ブレイクしたバックパックブームがまだまだ熱い!以前は女性らしさが欠けているとの理由で避けられていたアイテム、バックパックがどうして最高のファッションアイテムになったのか!バックパックブームの原因を探ってみ…

fashion

2013.07.17/

楽しみ方はそれぞれ!魅力あふれる釜山のビーチ

釜山の街の魅力の1つ、それは「ビーチ」。気軽に行けるアクセスの良さ、海岸線通りの充実した飲食店、ビーチからの景観など、泳がなくとも楽しめるポイントがいっぱい!「海」という自然を様々なかたちで楽しむことができます。 ■韓国…

sightseeing

SEARCH

  • What's The Project
  • FUKUOKA BUSAN CAFE for BUSINESS