釜山トレンド

2013.02.01/COLUMN

プサンの「現代アート」シーンをのぞき見る!

韓国の文化産業の活況は、近年の日本での“韓流”ブームを見るだけでも十分に体感できます。しかし一方で、そうした大きな流れとしては紹介されるにはまだ至らずとも、確実に現地の人々から注目を集めている釜山の「現代アート」シーンでの取り組みを、ここでは2つご紹介します。

■釜山原都心創作空間「トタトガ」
「トタトガ」は、かつての釜山の中心街区で、十数年前の市庁舎移転にともない空洞化が始まった「中央洞」エリアを、アート地区として再生させるべく取り組まれている事業です。このプロジェクトで注目すべき方策は、街区内に大小様々な部屋を数十件借り上げ、参加志願するアーティストや団体に、活動空間(アトリエなど)として提供支援をするというもの。街を歩けば本プロジェクトのロゴマークが入った表札があちこちに見受けられ、参加する400名以上のアーティストも、絵画や彫刻にダンス、文学、演劇、音楽、映画など様々なジャンルにわたります。また彼らは地域に暮らす市民のための各種プログラムに参加することが義務付けられており、彼らは自身の才能を“寄付”することで街に貢献をします。街頭にはその成果である絵画やグラフィティ、彫刻などが多数展示され、このゾーンを一種のアート圏に変えています。

■Indie Culture Space AGIT
「インディー・カルチャー・スペース・アジト」は、企画集団「チェミナン・ボクス(Chaeminan Boksu/Funny Revenge)」が運営するアートスペース。彼らはそれまで各プロジェクトごとに活動をしていたものを、2008年に常時活動できる拠点としてこのスペースを設立します。アート作品の展示が出来るギャラリーはもちろん、制作アトリエやレジデンススペース、本格的な音楽が制作・録音できるスタジオまで用意された多機能空間で、いつでも国内外の様々なアーティストや、その友人たちが気軽に出入りしています。彼らの得意分野は、ストリートの若者らの「サブカルチャー」的な手法(グラフィティやDJ,パブリックアートやデザインなど)を通じて社会への“代替的”な視点を提案することであり、アジトとそのメンバーたちの活動からは、アートが社会にメッセージを発する瞬間を垣間見ることが出来ます。

(画像1)「トタトガ」の外観
(画像2)「トタトガ」プロジェクトのロゴ表札。中央洞エリアではこのロゴをよく見つけることができる。
(画像3,4)「Indie Culture Space AGIT」

その他のトレンド一覧

記事一覧へ

2017.11.06/

釜山国際ロックフェスティバル

釜山の空の玄関口金海国際空港の近く、三楽生態公園にて「釜山国際ロックフェスティバル2017」が8/11(金)~8/13(日)の3日間開催されました。 釜山ロックフェスティバルは今年で18回目の開催で、無料で楽しめます。 …

column

2017.10.27/

釜山に新スポット!松島海上ケーブルカー

甘川文化村や、チャガルチ市場、海雲台のビーチなど釜山にはたくさんの観光地がありますが、今年の6月にまた新たな観光スポットが誕生しました。釜山市西区松島海水浴場近くの「松島海上ケーブルカー(プサン エアクルーズ)」です。実…

sightseeing

2016.10.12/

釜山国際観光展2016

2016年9月9日(金)から9月12日(月)まで、韓国釜山市のBEXCO(釜山展示・コンベンションセンター)において、「第19回釜山国際観光展(BITF2016)」が開催されました。 この観光展には世界から43ヵ国、25…

column

2016.02.09/

新しくオープンした「釜山国際旅客ターミナル」

今回は、昨年8月31日より運用開始となりました、釜山国際旅客ターミナルをご紹介します。 最近JR九州高速船ビートル・未来高速コビーをご利用になったことがある方は、お気づきかもしれませんが、釜山では、新たに国際旅客ターミナ…

sightseeing

2015.02.17/

まるでベーカリー?!大人気の揚げかまぼこショップ「サムジンオムク」

釜山を代表する食べ物のひとつにオムクがあります。オムクとは、揚げたかまぼこ、つまり魚のすり身を使った練り物を揚げたもので、韓国ではオデンという呼び名でも古くから屋台などで親しまれ、お財布に優しい価格で、人々のおなかを満た…

gourmet

2015.01.15/

釜山のダイヤモンドブリッジ「広安大橋」

釜山には、韓国内最大の海を横切る2層の橋「広安大橋(クァンアンデギョ)」があります。この橋は、1994年から8年間の工事期間を経て2003年に開通しました。総延長7.42kmで、水営区南川洞と海雲台区センタムシティ―をつ…

sightseeing

2014.10.24/

釜山の新しい都心のオアシス「釜山市民公園」

釜山市の中心地・西面。その西面から徒歩で20分,車ならわずか5分の場所に,約53haにわたって広がる「釜山市民公園」が2014年5月1日にオープンしました。 この公園は,米軍のキャンプ・ハヤリア基地として使われていた場所…

sightseeing

2014.10.10/

うさぎさんと・・・ café tokiwa

最近の韓国ではcaféが次々とオープンしています。 中でも釜山地区にはcaféの出店が相次いでおり、観光客は訪問するたび、おしゃれなcaféに目を奪われては、思わずそこでゆっくりしたくなるはず。 そんな釜山で比較的老舗の…

gourmet

2014.07.02/

釜山のパワースポット「梵魚寺(ポモサ)」

金井山東側の麓にある韓国5大寺院の一つ「梵魚寺(ポモサ)」。678年頃、新羅時代の高僧、義湘大師により建てられた名刹です。“金井山の尾根にある水が金色の井戸で、天から降りてきた金色の魚が遊んだ”との言い伝えから“天の魚(…

sightseeing

2014.05.20/

どちらを食べたい?あったかスイーツ「ホットク」と新登場スイーツ「はちみつソフトクリーム」

釜山のまちを歩くと、数多くの飲食店やカフェ、屋台が目に入ります。その中にはスイーツを扱うところも含まれています。今回は、釜山で食べることができるスイーツ2種をご紹介します。 ひとつ目は、コリアンスイーツの代表選手と言って…

gourmet

2014.02.10/

都心の中にある癒しの空間!冬柏島とAPECヌリマルハウス

「花咲く冬柏島に春が訪れたけど、兄弟が去った釜山港ではカモメだけが悲しそうに鳴いている」。日本語で「釜山港へ帰れ」と歌われるチョ・ヨンピルのオリジナル曲はこんな歌詞で始まります。 釜山の色んな名所を歌詞にしたこの曲に沿っ…

sightseeing

2013.12.11/

47年ぶりに跳ね橋機能が復元された影島大橋

釜山市の南浦洞地域の南側に位置する島、影島(ヨンド)。釜山の有名な観光地のひとつである太宗台がある島といえばお分かりの方も多いと思います。   この影島と釜山本土を結ぶ影島大橋が、47年ぶりに跳ね橋の機能が復元され、11…

sightseeing

SEARCH

  • What's The Project
  • FUKUOKA BUSAN CAFE for BUSINESS