福岡トレンド

2015.07.24/INTERVIEW

「博多伝統工芸」―博多織「宮嶋美紀」先生

今回は「博多織」の宮嶋美紀先生にお話を伺いました。「博多織」は、今から約770年前の鎌倉時代にその起源があると言われ、1600年代に黒田長政が幕府に献上したことから、「献上博多織」として広く知られるようになりました。

・「博多織」を始められたきっかけは何ですか。
以前から「布」が好きで布に関わった仕事がしたいと思いました。「博多織」は2年間「博多織デベロップメントカレッジ」で習いました。実を言うと、「博多織」を習う前まではどんな布でも良いと思っていましたが、今では「博多織」の良さにすっかり魅了されてしまいました。

・「博多織」の特徴はなんですか。
一つ例を挙げますと、「博多織」で一番よく知られているのは着物の「帯」ですが、「博多織」の帯は丈夫でしっかりしていて、動いてもずれにくいです。女性が育児や家事に勤しんでも、きっと昔の武士が刀を差して動いても、緩まないのが特徴です。

・「博多織」の制作に関して教えてください。
女性用の帯は長さが約5mありますが、実際に機で織るのは1週間程度です。しかし、その準備が大変です。「博多織」は経糸(タテ糸)で模様を作りますが、私が作っているものは一本の帯に7,500本の経糸が使われます。たくさんの糸を、同じ張り具合になるよう準備していきます。それを一気に進めていくのは集中力が必要ですからその作業だけでも大変ですね。その後、一本一本経糸を機に掛けますが、数が数だけに膨大な作業になります。準備を含めると一本の帯に実に3か月は必要です。

・「博多織」の産業化・国際化に関してどう思われますか。
やはりこれからは伝統「産業」として次世代に残す努力が必要だと思います。織物の文化は全世界にあって、それぞれがどこかでつながっていると思います。「博多織」の幾何学模様がギリシャや中東でも見られるのがその例です。そのつながりを探り、またお互いの良いところを学ぶのも面白いかもしれませんね。

・先生の作品の特徴を教えてください。
絹を使っているので絹ならではの光沢を生かそうとしています。同じ糸でも織り方、見る方向、隣り合わせの色によってその光沢とイメージが変わるからです。

・最後にホームページのご覧の方にお一言お願いできますか。
日本も韓国も、若い方がもっともっと自国の伝統工芸に関心を持って欲しいですね。

宮嶋先生の工房「博多おりおり堂」は、地下鉄「祇園駅」の近くで一般見学(要予約)もできます。工房にある大きな織機と機に掛けられた無数の糸を見ることで、伝統工芸の凄さと素晴らしさを肌で感じることができました。作品には、伝統的な「帯」はもちろん、世界的な商品とコラボした作品、「博多織」でできたテーブルセンターや小物などの手軽に購入できるものもあります。

・「博多おりおり堂」の情報
住所:福岡市博多区御供所町12-2
電話:050-3490-1192
開館時間:10:00~17:00(定休日:水曜日)

その他のトレンド一覧

記事一覧へ

2016.11.01/

スタートアップ!福岡-「トレーディネート株式会社」 

今回のスタートアップ特集は「トレーディネート株式会社」です。代表取締役の太田健司様と営業チームリーダーの太田郷子様にお話しを伺いました。 ・まず,会社紹介をお願いします。 貿易に関する事なら何でも行います。海外進出に興味…

interview

2016.09.26/

スタートアップ!福岡-「柳星翻訳株式会社」

今回のスタートアップ特集は「柳星翻訳株式会社」です。代表取締役社長の柳承福様にお話を伺いました。 ・まず,会社紹介をお願いします。 長年,大手翻訳会社の下で翻訳のフリーランサーとして携わっていましたが、2016年8月31…

interview

2016.07.14/

「スタートアップ!福岡」-福岡市スタートアップの拠点「福岡市スタートアップカフェ」

今年の「フクオカ プサン カフェ」連載テーマは、今、世界で注目を浴びている「スタートアップ(創業・起業)」です。特に、福岡市はグローバル創業・雇用創出特区として国の指定を受け、日本全国はもちろん、海外からも関心が高まって…

interview

2015.12.15/

展覧会のお知らせ-「日韓近代美術家のまなざし─『朝鮮』で描く」

福岡アジア美術館では「日韓近代美術家のまなざし─『朝鮮』で描く」展覧会を開催します。 本展は、20世紀前半の日本と韓国の美術、そして美術家どうしの交流に焦点をあてた展覧会です。 日本による朝鮮半島の統治という社会的矛盾に…

column

2015.12.08/

九州唯一のジルベスターコンサート『第九で年越し!』

2014年からスタートした福岡ジルベスターコンサート。2015年は『第九で年越し!』と題し、福岡・博多の新たな年越しカウントダウンイベントとして提唱しています。 ヨーロッパをはじめ、日本でも全国でジルベスターコンサートは…

column

2015.10.22/

「博多伝統工芸」―「有限会社マルティグラス」

連載「博多伝統工芸」の最後は、「有限会社マルティグラス」をご紹介します。透明感があって美しい色のガラス工芸品は、日本はもちろんアジアでも珍しく、高度な技術力が認められ、福岡県知事指定特産工芸品に指定されています。髙田泰良…

interview

2015.09.24/

「博多伝統工芸」―博多織「株式会社サヌイ織物」

今回は博多織の「株式会社サヌイ織物」をご紹介します。サヌイ織物の工房は福岡市西区小戸に位置し、博多織の財布や名刺入れ、ネクタイなど、様々な商品を製作しています。サヌイ織物の讃井勝彦社長にお話を伺いました。 ・貴社の事業内…

interview

2015.09.09/

「博多伝統工芸」―博多織「西村織物株式会社」

今回は博多織の「西村織物株式会社」をご紹介します。西村織物は創業150年の老舗織物屋で、博多織の帯はもちろん、様々な商品を制作しています。その技術の評価は高く、今年度の新作博多織展では「内閣総理大臣賞」を受賞されました。…

interview

2015.09.03/

「博多伝統工芸」―博多織「脇山俊明」さん

今回ご紹介するのは博多織の「脇山俊明」さんです。脇山さんは「博多織デベロップメントカレッジ」の2期生です。 ・博多織を始められたきっかけは何ですか。 ものづくりには以前から興味がありましたが、博多織を始めようと決めたのは…

interview

2015.08.24/

「博多伝統工芸」ー博多人形「西山陽一」先生

今回は博多人形の「西山陽一」先生をご紹介します。西山先生は2014年10月、高度な技術・技法を保持する「伝統工芸士」に30代の若さで認定された、博多人形師の中では、最年少の伝統工芸士です。(平成27年8月現在) ・博多人…

interview

2015.08.14/

「博多伝統工芸」ー博多張子「三浦隆」先生

今回ご紹介するのは博多張子の「三浦隆」先生です。博多どんたくのにわか面や十日恵比須の飾りの鯛などで親しまれている「博多張子」について三浦先生に伺いました。 ・「博多張子」の歴史について教えていただけますか。 張子は中国か…

interview

2015.08.05/

「博多伝統工芸」ー博多人形「稲富昭満」先生

今回は博多人形師の稲富昭満先生を取材しました。先生は「伝統工芸士」に認定されており、3度の内閣総理大臣賞を含む多くの賞を受賞された博多人形の名匠です。伝統的な人形はもちろん、高さ2メートルを超える力士の博多人形や高さ10…

interview

SEARCH

  • What's The Project
  • FUKUOKA BUSAN CAFE for BUSINESS