企業紹介

福岡市へ進出した釜山市の乳幼児及び子供用メガネ製造販売企業
トマトグラッシーズ

トマトグラッシーズ

製造

会社所在地 〒812-0035 福岡市博多区中呉服町2番20号 博多中央ビル21号室
URL http://tomatoglasses.jp/

Q1)御社の会社概要、事業内容についてお聞かせください。
当社では,0歳から使える乳幼児及び子供用メガネの製造から販売までを一貫して行っています。この10月に福岡市博多区に事務所を開設しました。
社名の「トマトグラッシーズ」の由来ですが,トマトは苦手な子供が多いですが,健康にとても良い食べ物。メガネも子供にとって装着しづらいものですが,子供と保護者を幸せにできるメガネを作りたいという思いを会社名に込めています。2005年に韓国の釜山市に設立,2009年には初めての海外進出として日本への輸出を開始し,現在では日本のみならず,英国,シンガポール,米国や香港などへも輸出・販売しております。

Q2)日本・福岡でのビジネスのきっかけ,福岡に拠点を設置した理由についてお聞かせください。
福岡進出の決め手は,やはり釜山からのアクセスの良さです。進出した今の福岡市への印象としましては,東京よりもコンパクトな街ですがモノが何でも揃うこと,交通の便の良さ(移動のしやすさ),そして何よりも福岡の人々が温かいことも良いですね。

Q3)今後のビジネスプランについてお聞かせください。
韓国では多くのメガネ製造企業が大邱に集中する中,当社は釜山市に拠点を置くメガネ製造企業となっています。今後も日本での売上を順調に伸ばしていくとともに,現在の生産拠点は釜山ですが将来的には福岡でもメガネを生産出来るようにしたいです。

Q4)ホームページを見る日本と韓国の人々に伝えたいメッセージはありますか。
韓国企業へのメッセージとしては,是非,釜山市と福岡市の近さを知ってもらいたい。釜山から大田と同じ距離にマーケットが大きい海外の都市「福岡市」あることを認識してもらいたいです。海外に拠点を持つことで,卸売を介さず,直接お客様に評価を頂けることが,何よりも自分のパワーになります。また,日本企業にも,どんどん韓国に進出して欲しいですね。特に流通や飲食チェーン店などはチャンスがあると思います。そのようにお互いに行き来が増えることで,もっとお互いのことを理解できるようになるのではないでしょうか。

※福岡・釜山経済協力事務所経由でのメール送信となります。ご了承ください。

FUKUOKA BUSAN CAFE for TREND